2019年09月13日

3つの質問

「皆さんに3つの質問」
自分は何歳まで生きると思いますか?
ピンピンコロリと逝けると思いますか?子どもの世話になりたくないという考えをお持ちですか?
人生最終ステージはどこで、誰の手助けを受けて暮らしていると思いますか?

成り行きまかせ
あれらがいいのにしてくれるやろう!
どうにもならなくなったら施設?その手続きはあなたがするんですか?

「ひとりを生きる覚悟」臨床社会学者の春日キスヨ先生をお迎えして、小松市認知症ケアコミュニティマイスターの会主催の研修会がはじまりました!

60人を超える70歳以上の方々が集まって下さいました!
リアルな現実のお話に、みなさん、とっても真剣です!
これからは「ピンピンコロリ」から「ピンピンヨロヨロドタリ
寿命感の変容が求められています!
楽しみと同時に自分ごととして学び、情報、つながりを持ちましょう!

広島で「おひとりさまカフェ」での声も誰かがいいのしてくれるやろう!だそうです。

丸投げするなといいたいのは、家族の形態がかわったから。今日の参加者の

90過ぎまで夫の食事を作りたいですか?

暮らしのあり方を考える 、暮らしの組み替えを!80歳までに夫に変わってもらいましょう!
「振る舞いおさめ」

国は要介護2まで自己負担と!ヘルパー代4200円出せますか?

あるサービス付き高齢者住宅 173000円、食事57000円、アシスト、ナースコール、外出支援、要介護の時は別途実費は自己負担、、、認知症になったら✖️とか、、、。

運動に気をつけていたら、食事に気をつけていたら、認知症にならない?

85歳以上の長寿者は誰と暮らしているか?3分の1は施設!施設はどんなところか学ぶ必要がある。

家族が変わると主な介護者も異なる。

子どもの子育てや教育を考えたように、
自分のための20年後を考えよう!

posted by master at 15:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: